頭を良くするには

頭がいい人はなぜ頭がいいのかを疑問に思ったことがある人はいるだろう。

同じ人間なのにどうしても得手不得手があり、その差が激しいこともあったりする。

特に学習能力においてはとても秀でている人もおり、天才と呼ばれている人も実在する。

頭が良くなる方法があれば英語だって得意になることができるかも知れないからだ。

では彼らは元々何でもできるような人だったのかと言われればそんなことは無いのだ。

まずどのようにして自分でできるようになることができるかどうかをしっかりと考えてから行動をしている。

つまり、予め目標を決めてそれに立ち向かうことを常に日頃から挑戦をしているのである。

そしてどんな人になりたいのか、憧れる自分の理想の人を意識することによってチャレンジ精神を養っていくことができるようになる。

1日1日を大切にして挑戦をしていかなければならないのだ。

そして頭がいい人には友達がおり、また彼らの友達も頭がいい人なのである。

これは人間関係に言えることだが、自分にとっても相手にとってもプラスになる人同士と付き合うことが大切だ。

マイナスになる人と付き合っているとどんどん周りに影響をされてしまい、マイナスの考え方になり、人生を無駄に過ごしてしまうことが多くなるだろう。

友人選びも大切なことだ。

そして勉強や読書を習慣にしていくことも大切である。

頭のいい人の多くは読書を趣味としており、月に数百冊を読む人も中にはいる。

日頃から勉強を怠ることは無く常にスキルアップを目指して努力をしているのである。

勉強を得意とする人達も多いため資格なども多く取る人達ももちろんいる。

このような結果から頭がいいと言われる人達は少なからず努力をしていることが分かる。

決して元から頭がいいということではなく、自分にとって何が必要なのかを取捨選択することができ、勉強や読書に時間を惜しむ事なく目標に向かって努力をすることができるかどうかなのである。

つまり頭が悪いから努力をしないというのは筋が通らないことになる。

これから先の人生も多くのことを学び経験をしていくことになるが、自分の悔いの残らない生活を送っていきたいところである。