英語が得意な人との交友関係を持つ

簡単に人間関係を築くことは難しいかも知れないが、英語教育をしていくうえで自分自身だけの英語力では限界がきてしまう人も出てくることがあり、外国人や、英語が得意な人間と交友関係を持っておくことで英語に対する問題を解決することができる可能性は出てくるかも知れない。

都合よく近くに英語ができる人を探すのは難しいが、今では色々な英語のサービスはあり、英語カフェや外国人バーなど、日本で活躍をする外国人はとても多く存在をしている為、そのサービスを利用しながら交友関係を深めていくことも英語教育の一つとしてこなしていくことは非情に重要なことだと考えさせられる部分が出てくるだろう。

単純になぜ外国人と仲良くなっておくことが良いのかを考えてもらうと、相手が日本語を覚えたいと思っているのであれば日本語を教えてあげることができるだろうし、こちらは逆に英語を教えてもらう事でwinの関係を持つことができるようになる。

また仲良くなって損することはほとんど無いと思われるため、これから先も何かあったら手助けをしてくれるに違いないのである。

強いて言うデメリットは人間関係の相性ぐらいでは無いだろうか?

とにもかくにも身近に英語が自分よりもできる人間がいればこれから先どんなことがあっても解決をしてくれる道標になってくれることには変わりはないのである。

英語は特に続けることが難しいと言われ続けているジャンルでもあり、英語をマスターするのにもネイティブレベルでは数十年掛かると言われているほどでもあるため、最初から真剣に取り組んでいかなければ必ず挫折をしてしまうくらいなのである。

折角く勉強を続けてきたのにも関わらずこのような結末となってしまっては無駄になってしまう気をつけていきたいところだ。