英語の勉強の仕方

とても単純なことかも知れないが、実際やってみないとわからない部分も多い英語の勉強の仕方であるがどのように勉強していけば良いのかをしっかりと考えることで英語のモチベーションを維持しつつ取り組むことができるようになるだろう。

英語はとても挫折をしてしまう人が多い言語であり、また日本人にとってはとても難しく感じてしまう部分が大きい。

なぜならば発音の違い、音の違い、聞き取りにくくさが感極まってさらに聞くことができなければ発音をすることができないと苦手な要素が詰まっている言語なのである。

英語では読み書きを先に勉強する人が多いがそれは日本の学校の英語の勉強の仕方が悪く、英語の勉強ではなく試験に受かる勉強しか教えていないのが原因であり、実際は発音をしっかりできるようになることが英語の勉強の近道なのだ。

なぜならば発音さえできるようになれば英語が聞き取れることになるからだ。

単語自体は日常的な物なのであればそこまで多く使うこともなくわざわざ難しい単語を多く覚える必要性なんてないのである。

これは日本人にも言えることであり、一生懸命覚えた言葉をすべて使いこなしていることはない。

しかし目的が違いビジネス英語などを覚えなければいけないと考えるのであれば話は別になりさらに英語を深く勉強していかなければならないだろう。

自分の覚えたい英語のレベルに応じてどのように英語の勉強をしていくかをしっかり考えていこう。

そして何よりも続けられることを大切にしていくことが大事なのだ。

英語は続けることさえできるようになれば必ず覚えられることができる。

やらなければできないのと同じようにまた続けなければ英語を諦めてしまうことに繋がってしまうのだ。